アイテム

誕生日プレゼントは

誕生日プレゼントとして注文していたロッドがやっと届きました。Wippyの#4です。つい最近出たばかりのKガイドモデル。

パワーがありすぎるかな?と思っていましたが、心配なさそうです。

Whippy

秋のジギングシーズンも終盤。滑り込みセーフで使えたらいいな。

今日、相方が里帰り出産のため横浜の実家に帰りました。うれしはずかしの独身生活のスタートでーす!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ぐいぐいきてる@西岡遊漁

今日は松山でジギングをしてきました。もちろん、お世話になるのは、いつもの西岡遊漁さん。乗船場所に到着すると、鼻息の荒いおっちゃん達は既に到着しており、妄想タイム。

Moning

ここの所の松山は、ヤズとタチウオが釣れているようで、この日の予定も、ヤズのちタチウオ、ときどきハマチなんていう欲張りなパターン。んー、飽き性の僕にはもってこいだ…。

Front

今日は、福山からクボさんとひらっちゃんがゲストとして着てくれました。あとは、いつもの陽気なメンバーです。

Back

憲ちゃんは、ジギングの新たな1ページを開きました。ニュータックルのSLOW JERKER #4を投入!入魂できるか?

Slowjerker

結果ですが、ほぼ100%の時間を瀬でのジギングになり、神経をすり減らしながら、ハマチとの勝負でした。船中13匹(うちヤズ1匹)でした…。いやー、根掛かりとの戦いは心が折れそうになりました。ピンク、パープル隊長は、完全に心折れてましたね。

All

当日は潮が大きかったからか、潮が緩みきらず、タチウオも深場に落ちたまま。夕方のお土産チャンスでのヤズラッシュもありませんでした。目ろんでいた、ヤズのちタチウオ、ときどきハマチなんという夢のようなコンボは、そう簡単には無いようです。

Result

ちなみに、この日は幸運にも、船中13匹中、6匹を釣ることができました。なんで釣れたか釣った本人もよく分かっていませんが、軽めのジグでフワフワと動かすと高反応だった気がします。

Arata

ゲストのひらっちゃんと、クボさんを交えて、晩ごはんを賭けて、ピンク隊長と勝負をしておりました。もちろん僕の大勝利!帰り道に、鳥のざんぎ定食をごちそうになっちゃいました。ピンク隊長、ゴチになりましたー!

Haisya

Zangi

ハマチを沢山釣って、ただで晩ごはんが食べられるなんて最高の1日でした。なにごとも。このままぐいぐいきてくれたらいいけどなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お手軽フィッシング

今日は光陽眼鏡店にて、フォーナインズの偏光を新調しました。なかなかカッコイイすよ。今回はレンズ自体の評判がいいようなので、TALEXに換えず、そのまま使ってみたいと思っています。

Henko

さて、お昼は暑すぎて釣りに行く気にならないので、夕方から新町川でキビレを釣ってみました。今年初めてのキビレ釣りです。さぁ釣れるかなー?

開始してすぐにカツカツと小さいアタリが何度か続きます。なかなかのらないけれど、どうやらいるようです。やっとの思いで掛け、上がってきたのはやはり25cmくらいのチビキビレでした。

Chibikibire

その後、満ち潮と共に入ってきたのか、一緒にやっていた憲ちゃん、僕共に1匹ずつマシなサイズを追加しました。この1匹で十分に満足できたので、1時間少々と早いですが今日はこれで引き上げです。

Kibire

なんといっても、この釣りの魅力は手軽さ。今年はスーパークールビズだから、仕事帰りに気兼ねなくやれちゃうもんねー。また来ちゃおっと。

今日の魚は光陽眼鏡店の洋ちゃんがもらってくれました。さて、美味しいかなー?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

NEWキャスティングロッド到着

カーペンターさんに無理を言って用意してもらったBLC84/22が到着しましたー。これで、ヒラマサをガンガン釣ったるんじゃい。

嬉しくて仕方がなくなってきて、デッキの上で振りまくり…。実際に使う5月が待ちきれねー。

Blc8422

しかも、高松に遊びに行った帰りに、あまり寄らないお店によると、BCγ-75を見つけました。こりゃ、めぐり合わせだな。

Bcganma

あとは、ステラ10000XGを買えば、タックル一式が完成!それなりのサイズならヒラマサ、GT、マグロとキャスティングの王者3種ともいけちゃうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジギングフェスティバルに参加

相方が神戸での結婚式に参加するとのことで、どうせ送っていくのならと、前日入りして「ジギングフェスタ2011」に参加してきました。一緒にいろんなブースを見て回りましたが、全般的にキャスティングに関する展示が多い印象を受けました。時流はキャスティングなんでしょうね。また、雑誌やTVでしか見られないような有名人も沢山いらっしゃいましたね。

Jiggingfes1

Jiggingfes2

僕自身の目的もキャスティングでして、5月の九州遠征に向けて、カーペンターのロッドが実際に触れることにありました。しかも、設計担当の小西氏自身と直接会って話が聞けるまたとないチャンスだったのです。

カタログスペックでは、BLC83/16かBLC84/18にしようと思っていましたが、実物を見るとBLC84/22 R-PowerIが欲しくなりました。理由は、強靭なバットに加え、ティップが繊細に作られていたこと。このティップの柔らかさでドラグMAX13kg…。最後の踏ん張りのまだその向こう側がある感じがします。ロッドの真価を引き出すには、釣り人、魚共にそれなりじゃなければ難しいです。

また、小西氏の話では、BLC84/22 R-PowerIは小型のGTやマグロまでいけるとのことでした。年に何回も遠征しない一般のアングラーにとって、釣行の度に専用のロッドが必要というのは厳しい話です。利用範囲が広いという面では価値のあるロッドだと思います。また、8.4フィートという長さを活かせば、飛距離という面では間違いなく有利です。船との距離が必要という条件では、大きく釣果に差が出てくることでしょう。ショアやリーフでも使えちゃうかも?

さらに普段使いとして、BLC83/13も欲しくなりました。キャスティングロッドとしては柔らすぎると感じますが、バットには十分なパワーがあります。また、このロッドで、一番驚いたのはその軽さです。BLCシリーズの他のロッドに比べて、各段に軽く感じます。1日中使うとなれば、体力への影響差はかなり大きなものになると思います。鳴門や松山などの青物キャスティングには楽しさを優先した竿になりそうです。これで、小さなプラグやポッパーまでキッチリと使えれば文句なし!

また、プロショップMOGIさんが持ちこんでいたビックフィッシングシミュレータで遊ばせてらもいました。GTロッドにステラ20000番を付けて、魚代わりの巨大な電動リールと戦うというトレーニングマシン?です。ちょっとずつ負荷を掛けてくれるのですが、僕はドラグ16kgくらいで身体ごと持っていかれてしまいました。これが船上だと海にドボンですね。腰が高いということが良く分かりました。100kgのマグロを15分で獲るというアメリカ人は負荷が20kgでも片手でゴリゴリやっていましたね。ありゃ、完全に人間の域からはみ出ちゃってます。

Jiggingfes3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホログラムという違い

ジグの横面に貼られたホログラムの違いによって魚の反応に差が出るのを知っていました?というか、その差を信じますか?僕は信じていませんでしたが、先日の釣行では釣果に大きな違いが出、その差を実感したのです。

この日は、ジグに反応するも、バイトにまで至りにくい時間帯が長くありました。こんな渋い状況でも、隣ではなにかのタイミングでパタパタと釣れるんです。使っていたジグはヒラジグラのピンククラッシュです。

Clash

私自身は同じヒラジグラで、同じピンクのホロ違い(プレーンホロ)だったのですが、まったく釣れません。いやいや、ほぼ同じジグなのに、しかも同じ色なのにそんなことないでしょ?

Plane

もちろん、アクションも真似ているので、違いはホロの種類だけのはず。迷信に近い(この時点では完全に信じてない)けど、まぁ気持ちの問題と思い、クラッシュに変えると、途端に釣れるようになったのです。それ以降は、隣と同じペースで釣れるようになりました。この差はなんだろうと不思議に感じながら、この日を釣行を終えました。で、なにが違うの?

後日、その差を聞くと、プレーンホロが魚へのアピールが大きいく、クラッシュホロが控えめなアピールなんだそう。例えば今回のように活性が低くバイトまでいたらない場合は、控えめのクラッシュを使おうとか、濁り潮なのでプレーンを使って魚にアピールしようとか、活性、潮の色や濁りを考慮してジグの色とホロを選択するものだとか…。

うぁー、これまで知らずに使ってたしー。とは言いながらも、先日の釣行でのこの経験がなければ、その違いに気づくことなく、これからの釣り人生を送っていたんだと思います。そういう意味では、非常に貴重な経験でした。おかげで、ジグ選択の幅が広がり、さらにジギングが楽しくなりそうです。

まさか…、ホログラムという違いを知らなかったの俺だけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅めのクリスマスプレゼント

相方がクリスマスプレゼントにと注文してくれた財布が到着しました。すでに2月なので、かなり遅めのクリスマスプレゼントになりました。

Wildswans1

サブの財布としてずっと欲しいと思っていたWILDSWANSのTONGUEをパターンオーダーしてもらいました。僕の要望で、外側はクロコ、内側はベルギーのサドルプルアップという革が使われています。

Wildswans2

色は相方のお任せしたところ、黒とチョコレートのツートンになりました。よく見るとステッチもチョコレートになっていて、まっ黒よりはカワイイ感じに出来上がりました。

Wildswans3

明日から大事に使いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足の防寒はどうしてます?

徳島は明日13日から、またもや冷え込んでくるという予報になっています。それでも釣りたいという願望は抑えることはできないものです。

最近はヒートテックなど安価な防寒着が発売され、比較的手軽に防寒ができるようになりました。僕は、マシュマロマンになるくらいまで重ね着をして、対応をしています。しかし、足は重ね着にも限界があり、足の防寒をどうすべきか悩んでいると、TTI君からある靴を紹介してくれました。

その靴は、NorthFaceの羽毛ブーツでして、軽くて、暖か、蒸れない、しかも見た目もナイスという素晴らしいアイテムです。

Woolbootie_2

ブリーデンのDVDで紹介されていたらしいですが、皆さんは知ってました?TTI君が言う性能が本当なら、マジで買い!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SMITHのタチウオロッド

本格的なタチウオシーズンの到来です。これに伴って、僕の気持も上ずってき、1月30日の松山に向けて、タチウオロッドを新調しました。

本当は、持っているZENAQのNERFでやってみるつもりでしたが、実際に触ってみると、サーべリング専用のAMJ-SF63ULが欲しくなりました。

今回選択したAMJ-SF63ULですが、控えめのスローテーパーに仕上げられており、ただ巻きからジャーキングまでサーべリングに求められるアクションに幅広く対応できます。そしてなによりも、大型のタチウオをフッキングするだけのバットパワーを備えています。このパワーがあるかどうかがタチウオロッドに求められる最も重要なポイントだと思います。

ただし、AMJ-SF63ULは、あくまでもウルトラライトモデルです。指6本クラスなど超大型とのパワーファイトには向いていません。パワーファイトをお好みの方は、ワンランク上のAMJ-SF60Lか、かなりハリのあるベリーセクションを持つSF510を選択した方がいいと思います。

個人的にはライトな方が好きなので、AMJ-SF63ULよりさらにライトなAMJ-RS62ULも気になったりして…。AMJ-RS62ULはあくまでもタイラバ用ですので、アクションが少しファーストテーパーになりますが、求められるバットの強さはまったく問題がないと思います。

for Saber fish
 AMJ-SF510
 5'10"(570mm) PE2.0~4.0号 ~210g 197g 8kg
 AMJ-SF60L
 6'   (640mm) PE1.0~2.0号 ~170g 183g 4kg
 AMJ-SF63UL
 6'3" (650mm) PE0.8~2.0号 ~135g 185g 3kg

for Red Snapper
 AMJ-RS62L
 6'2" (640mm) PE1.0~2.0号 ~165g 185g 5kg
 AMJ-RS62UL
 6'2" (640mm) PE0.8~2.0号 ~110g 173g 3kg

さて、このロッドが吉と出るか凶と出るか。1月30日の釣果がどうなるかご期待あれー。ご購入は、もちろんWESTまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリケラディフェンダーのヒラジグラ

ヒラジグラにトリケラディフェンダーコート仕様が登場しました。

Tricerat

メーカーによると、超撥水性の超硬質塗膜により、引き重り感を大幅に軽減、耐衝撃性も一段と向上するらしい。新しい泳ぎが変わるってのは本当か?

ちなみに、トリケラディフェンダーコートの耐衝撃性は従来のウレタン塗膜の5倍らしい。

タチウオの歯で試してみるしかない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)