2.青物

大阪の朝焼けと鳴門のメジロ

この度、社内異動がありまして、これまでとは異なるビジネス領域になりました。

Osaka

昨日はこの異動に関するミーティングがあり、大阪へ出張でした。その後はご挨拶を兼ねた飲み会があり、朝まで飲んでました。その帰りにはキレイな朝焼けが見えました。いやー、複雑な心境の今の心には染みました…。

さて、ここのところ鳴門ではメジロが釣れてますね。このブームが去ってしまう前に行かねばと、ソワソワしてまして、松田さんにお願いして連れて行ってもらいました。結果はメジロ2本!

Mejiro

2本ともマサムネ155gでした。この2匹の間には明らかに大きな魚を掛けましたが、口切れで痛恨のバラシ!知り合いは9kg位のブリをあげていたので、それに相当する魚の可能性はあったと思うと悔しい…。

それでも、鳴門でメジロを釣ることができるなんて上出来すぎ。これで来週から気持ちを入れて仕事ができそうです。大阪の朝焼けと鳴門のメジロに、がんばりを誓った1日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぐいぐいきてる@西岡遊漁

今日は松山でジギングをしてきました。もちろん、お世話になるのは、いつもの西岡遊漁さん。乗船場所に到着すると、鼻息の荒いおっちゃん達は既に到着しており、妄想タイム。

Moning

ここの所の松山は、ヤズとタチウオが釣れているようで、この日の予定も、ヤズのちタチウオ、ときどきハマチなんていう欲張りなパターン。んー、飽き性の僕にはもってこいだ…。

Front

今日は、福山からクボさんとひらっちゃんがゲストとして着てくれました。あとは、いつもの陽気なメンバーです。

Back

憲ちゃんは、ジギングの新たな1ページを開きました。ニュータックルのSLOW JERKER #4を投入!入魂できるか?

Slowjerker

結果ですが、ほぼ100%の時間を瀬でのジギングになり、神経をすり減らしながら、ハマチとの勝負でした。船中13匹(うちヤズ1匹)でした…。いやー、根掛かりとの戦いは心が折れそうになりました。ピンク、パープル隊長は、完全に心折れてましたね。

All

当日は潮が大きかったからか、潮が緩みきらず、タチウオも深場に落ちたまま。夕方のお土産チャンスでのヤズラッシュもありませんでした。目ろんでいた、ヤズのちタチウオ、ときどきハマチなんという夢のようなコンボは、そう簡単には無いようです。

Result

ちなみに、この日は幸運にも、船中13匹中、6匹を釣ることができました。なんで釣れたか釣った本人もよく分かっていませんが、軽めのジグでフワフワと動かすと高反応だった気がします。

Arata

ゲストのひらっちゃんと、クボさんを交えて、晩ごはんを賭けて、ピンク隊長と勝負をしておりました。もちろん僕の大勝利!帰り道に、鳥のざんぎ定食をごちそうになっちゃいました。ピンク隊長、ゴチになりましたー!

Haisya

Zangi

ハマチを沢山釣って、ただで晩ごはんが食べられるなんて最高の1日でした。なにごとも。このままぐいぐいきてくれたらいいけどなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりの県南ジギング

清和丸さんにお世話になって、久しぶりに県南でジギングをしてきました。

Seiwamaru

今年はカンパチが釣れているので、玉ちゃんにお願いして予約をしてもらいました。いつもありがとう!まず、結果から言うと、狙っていたサイズのカンパチはお留守でした。ツバス×2、タチウオ×3、ホウボウ、エソが釣れたのみで、県南サイズの魚には出会うことができませんでした。がんばっただけに、本当に悔しいっす。

飲ませをしていた僚船からは、ラインが飛ばされたとの情報がどんどんと入ってきます。一方、我々、ジギング組は平和そのもの。新居君が、少しだけマシなサイズをゲットしましたが、狙っているサイズには届かなーい。

Niikun_shio

ジグは飛ばした方が反応が良いと船長のアドバイスがあったので、全員がロングジャークを基本にがんばっていました。普段のジギングと比べると、相当のハードワークでしたが、カンパチが釣りたいという思いで、シャクり続けました。僕は3回くらい心が折れましたが…。

朝夕はポイント一帯でツバスのナブラが出ていましたね。しかし、何を投げても口を使ってくれません。ポッパーで誘い出して、どうにか1匹を釣ることができましたが、ここまで口を使ってくれないナブラは初めてでした。相手にしていたら時間がいくらあっても足りない…。

また、楽さから落とし込みサビキが最近のマイブームになりつつあります。ジギングがダメならエサでもいいやと思っていたのですが、エサのアジが喰ってくれず、土俵にすら立てませんでした…。県南をなめてました。

今日は、出船が遅かったので、夕方には1時間だけタチウオをやらせてもらいました。大逆転のドラゴン級を狙って、シャクり続けましたが、そう簡単に釣れるわけもなく、18時で終了でーす。今回は完全に燃え尽きました…。

Chouka

さて、今回は結果が出なかったこともあって、いろいろと試行錯誤をしたり、考えることが多かった気がします。その中でなにかと得るものがあったように思うので、ぜひ次回に試してみたいと思います。あぁ、ほんまに悔しー。カンパチめ、釣ってやるから待ってろーーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬるま湯にどっぷり

憲ちゃん2人で鳴門でショアキャスをしてきました。ここのところオフショアというぬるま湯にどっぷりと浸かっていたので、ショアはかなりのご無沙汰。

結果は想像通りボウズ!それでも、何度かジグに触ってくれたのですが、上手く掛けることができませんでした。その他、射程内でサワラと思われるチェイスが数度かあったのですが、捉えることができず…。温い釣りばかりだと上手くなりませんね。

「お盆は殺生するな!」とばーちゃんに言われてますから、そういう点では良かったのかもしれません。釣りに行ってる段階でダメ?

今回は、事前に大サバの情報を入手していたので、少なくともサバは釣れるとふんでいたのですが、今年は青物の釣果がなかなか安定しませんね。しかし、あの立派なイワシ君は何処へ?

釣れなかったこと以外にもついていないことがありました。片付けをしている時に気がついたのですが、リールのキャップを落としていました。

Daiwa

金額的にはたいしたことないのですが、部品として注文しないといけないので面倒くさいんです。もうこれで、3度目ですわ…。ダイワさん、これひどくない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りゅう君船長と行く、鳴門ジギング

青物が釣れているということで、りゅう君船長に乗せてもらい、鳴門で青物を狙って来ました。しかし、りゅう君船長はよく食べてました。

Captain

さて、釣りですが、遅めの出船になったので、ゼンサ到着が9:30すぎ。北流MAXには少し間に合いませんでした。思ったほど潮は残っておらず、青物の釣れる感じはありませんでした。それでも、ジグで35cmと50cmのタイが釣れてくれました。

午後の潮に青物を期待し、南側に移動。まずはカップラーメンで腹ごしらえをしてから、船団に混じりシャクってみました。MAXが近づき、いかにも青物が食いそうな潮になってきたなぁと思っていると、ゴンッ!こりゃメシロだー!!と船長と喜び、あげてくると、メジロではなく、ドテカイ鯛でした。まっいいか…。

Tai1

いい感じにイワシが入っており、サビキノマセで釣れると思いやってみましたが、無反応でした。青物はどこに行ったの?

マリーナに戻ってから、りゅう君船長と一緒に記念撮影。船長が持つと大きく見えるな。

Captaintai_2

Tai2

マリーナの情報によると、メジロを釣られている方がいらっしゃったそうです。もう少し早ければ可能性があったかなー。

本当は青物の予定だったけれど、みんなでワイワイ鯛が釣れてとても楽しかったな。りゅう君船長、ぜひ、またよろしく!今度はキャスティングがイイね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沼島の春はまだかな

昨晩のBBQをやりっぱなしていたので、片づけついでに沼島まで偵察に行ってきました。

Numasima

島付近にはそれなりの数の船が出ていますが、いずれもアジ狙いでした…。ハマチポイントではトンボを引いている船がおらず、青物の気配は感じられませんでした。せっかくここまで来たので、シャクってみましたが、反応無し。パラダイスはもう少し先かなー。

Arata

このまま帰るのは切ないので、帰りには、サゴシ、サバ、アジを拾いました。

Result

サバだけどやっぱりナブラ撃ちは楽しいかったなー。また、サワラとアジは、憲ちゃんが得意としている奇怪なカラーリングのジグで獲りました。工事現場の雰囲気がするやつ…。

Tracks

今日は船のお掃除が待っているので、自重して午前中での撤収です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タチウオパターンのはずが…

いつものメンバーで松山へ行ってきました。お世話になるのは西岡遊さんです。シルバーのロングジグさえ使えば、簡単に釣れちゃうますよーっていうイージーなタチウオパターンを夢見たりもしましたが、現実はアジがご所望とのこと。船長からは「ジグにはなかなか反応しないので、飲ませの準備をして来て下さい」という連絡がありました。んー、思い通りにはいかないものですな…。

最初のポイントに到着すると、小さな瀬に20隻くらいが集まっています。一見して魚がいることが分かり、おのずと気合が入ります。しかし、経験者の評判に違わぬの激流です。底は沸き潮のせいで、280gでもセカンドフォールからは集中していないと着底がわかりづらくてしかたがない。パープルさんは、開始早々の2流し連続で、大切なナガマサの280gをロストしていました。

Purple

こうやって神経をすり減らし、根掛りと戦いながらやっているものの、ジグへの反応はないのです。周りで掛けているのは餌の人ばかり…。こりゃ今日はダメだな?と思い始めたころに新居君がやってくれました。ジグで獲った最初の1本!かっこよかったぞー。70cmの立派なメジロでした!

Nii

しかし、この後が続かず、餌釣りに変更すべく、餌の調達に向かいました。で、この餌のアジ釣りが思いのほか楽しかった。釣る人、釣れたアジをはずす人、カゴに赤アミを詰める人といった具合に同船の皆で手分けしてアジを集めるんです。ちなみに、僕はアジを放り込んでおく生簀の水質管理係をやりました。要は、ただアジを眺めるながら皆の応援をする係です。

Yoshida

アジ200匹を調達後、次のポイントに移動です。このポイントでは、他の皆は餌でがんばっている中、ジグにこだわってがんばってみました。見事に掛けましたが、上がってきたのはヤズ…。サイズが伸びないならと、ジグから餌に持ち替えると、3本立て続けにHIT!1本はバラしましたが、ここが今日一の見せ場でした。

Kenji_arata

このポイントも周りに船が多く、プレッシャーが高いのか、思うようには釣れず、再度朝一のポイントに戻りました。この時間になると、見るからに潮が緩んでおり、180gくらいでも十分やれる状況になっていました。周りでは餌には高反応のようでしたが、我々の元に餌は無く、空回りの状態で、タイムアップとなりました。

Team_tama

結局、船中ハマチ大~メジロを32匹、僕はうち4匹でした。ジグで釣れた数が少なかったので、反応するアクションの傾向も掴めませんでした。唯一、思ったよりも浅いところで食うことに驚きました。50mから20mまで掛け上がる瀬の頂上付近で食ってくること、さらに回収中にで食うというのも何度かあったと思います。

Taku_ajya

釣れた魚は捌いたらお腹からタチウオの銀粉が出てき、タチウオも食っていることが確認できました。丸々と太っていて、非常に美味しかったです。ハラミのところなんかは最高でした!

Hamachi

個人的には、アジの飲ませ釣りという新しい釣りができて大満足でした。次回は、本格的なタチウオパターンで、楽しめたらなぁと思います。船長、同船した皆さん、予約してくれた大野君、ありがとう!

All

最後に、餌で釣るときのポイントは「当たり前のことを面倒くさがらずにやること」だと感じました。例えば、もつれたハリスはきれいにほどく、仕掛けを投入の際はハリスが潮に馴染んでから、アジに掛ける針はまっすぐに、などなど…。当たり前の話かもしれませんが、性格が大雑把な僕にはなかなか難しかったー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南国のスプリンター

先日の台風後、途端に秋が近づき、鳴門でもハマチ、シオ、タチウオなどで盛り上がっているようです。そんな鳴門に後ろ髪を引かれる思いもありますが、今回は玉ちゃん達と伊島の清和丸さんにお世話になりました。

噂で聞いていたとおり、清和丸の船長がとても若いく、また出船場所が椿泊周辺と非常に近いことにも驚きました。チャーターなら出船時間も融通してくれるし、こりゃー便利だわ。

釣りですが、全体を通してなだらかにポロポロと釣れてくれ、楽しませてくれました。メインはサワラで、ホウボウ、シオ、鯛、そして、極小のヨコワと本鰹まで混じってくれました。釣果のほとんどはスローのワンピッチでした。早巻きはどうだろうと意識的に試してみましたが、反応薄かったです。なんでそうなるのかが知りたいなー。

Tama_yokowa

新しい挑戦ということで、飲ませをやってみましたが、魚からの反応は無しでした。イワシ、アジが針についてからどこに持っていっていいものやら…。ベイトの塊りの端で食っていると思っているので、その辺に持って行ってはみたんだけど、間違っている?飲ませは次回以降にリベンジしたいと思います。

Arata_sawara

今回は、初めて沖サワラを釣ることができました。この沖サワラ君、噂に違わぬかなりのスプリンターっぷりでした。なんせダッシュのスピードが早い。さらに体力がある。見た目も完全に悪者で、沖サワラと比べると普通のサワラがかわいく見えます。

Result

Seiwamaru

また、右のヨコワは、海底から仕掛けを拾ってきてしまい、その仕掛けの先にこの魚がついていました。広い海でそんなことってあるんだなぁと関心してしまいました。しかし、同じ奇跡なら大きな魚が獲れればよかったのにな。

All_crew

メジロ、ブリが出なかったのが残念だけど、県南ならではの魚が釣れて大満足の一日でした。また明日から仕事にがんばれそうです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つるぎレコードを更新

つるぎの午後便で鳴門に出てきました。タイラバをメインにジギングでもOKというアバウトな感じの釣りです。

まずは南側、本流近辺のポイントから開始し、潮を探しながら徐々に南下していきました。途中、グチを拾うも本命からの反応は無し。このエリアは早々に見切り、淡路島よりの本命ポイントに移動しました。

このポイントは船長の読み通り、1流し毎に複数のアタリがあり、船中1匹は上がっています。大野君はこのポイントで大物を上げ、船全体のテンションが上がり、釣れそうな雰囲気になってきます。

Oono_tai

そんな中、タマちゃんに明らかな大物が掛かりました。傍から見ていても尋常じゃない引きです。もし鯛であれば90cmはあるのでは?と思わせるくらい。ゆっくりと時間を掛けて上げてきた魚体は、なんと!巨大なヒラメでした。厚み、大きさといい、完全に座布団という呼び名に値する魚体です。

Tamachan_hirame

帰港後に計測すると驚きの89cm!10年前の88cmという記録を上回り、見事につるぎレコードを更新です!

Hirame

さて、この日の全体の釣果は、鯛が72cmを頭に16枚でした。このすばらしい結果とは関係なく、僕は30cmくらいの小さい鯛を1匹釣ったのみ…。バラシたり、乗せられずで空回りの1日でした。僕でさえも飽きないくらい触ってくれだだけに、個人的には悔しい結果でした。こりゃぁリベンジしないとなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベタナギの夏

無事バッテリーの載せ替えを終え、準備万端のベタナギですが、天気が悪かったり、忙しかったりで、乗れておりませんでした。久々に乗ると、完全に夏ですわ。

さて、釣りですが、この日はサワラのバイトが多く、翻弄されっぱなしでした。カワケンも僕も、4,5本切られてしまいました。

そんな中、一人結果を残したのは憲ちゃんです。65cmのハマチと80cm弱のサワラを釣りましたー。ハマチはお腹パンパンのグッドコンディションでした。

Kenchan

どうやらジグのアクションにコツがあるようです。飛ばしすぎると嫌がり、止めると見切る。こりゃぁ、なかなか面倒なパターンだ。タチウオの子を食っており、ロングに反応するとの情報もあるし、ややっこしくてしょうがない…。

さらに、至るところにサバのナブラが出ているし、なにを釣るか迷うところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)